幸せの香りをあなたに

火打ち袋の香袋

火打ち袋の香袋


火打ち袋の香袋
 江戸時代の「火打ち袋」の意匠を復元し、香袋として製作してみましょう。
 布地には、丁子を何度も染め重ねた“香色”の帯地と中布に淡い水色の絹を襲ねて仕立てます。
 火打ち袋は、袋を綴じる紐の先端に根付をつけ腰紐などに通してぶら下げるように携帯しました。

 今回は、江戸時代に流行した赤味のある茶色の紐を“封じ結び”で飾り、可愛らしいツゲ製の耳ウサギの根付とトロンとした緑色の輝きが魅惑的な翡翠玉を緒締めに用いましょう。
「ツゲ製の耳ウサギの根付」
排草香(はいそうこう)
 中に詰める香料の主材料に選んだのは中国原産の“排草香(はいそうこう)”とよばれる植物で、とくに根の部分に香気がたかいとされています。
 細かい根がからみあう土混じりの香料は、触れるたびにスッとした爽やかな芳香を放ち私たちを驚かせます。
 きっと貴方も、この香をとおし大地に根をのばすことで生をはぐくむ植物たちの秘めた力を感じることでしょう・・・。
←「幸せの香りをあなたに」トップへ戻る
↑このページの一番上へ