香りと室礼作品

菊のお酒

菊のお酒

菊のお酒 もうすぐ九月九日「重陽の節句」が訪れますね。暑さが少しずつ和らぎ始め、様々な秋便りが届き始めます。なかでも松茸や新米、サンマやブドウなど美味しい食材も楽しみの一つですが、そんな豊かな秋の食卓にフワッと薫る菊のお酒をお届けしましょう。

 「菊」というと仏前の花というイメージが強いかもしれませんが、秋の日の野菊の香る様子はじつに穏やかで心地よく流れる風に似合います。また、その香りは涼やかであり清冽であり、日本人の精神にも通じる独特の香気と言えるでしょう。

 どうぞ、冷たくしてお召し上がりください。とってもとっても美味しいですよ。

←「香りと室礼作品」トップへ戻る
↑このページの一番上へ