香りと室礼作品

紫根染めの香包み

紫根染めの香包み

材料

 イチョウの葉は、よく乾かしてから小さくちぎっておきます。
 そこに山奈の粒、砕いた丁子を加え、龍脳をひとつまみ合わせます。
 晩秋に香り立ち、冬の到来を告げて散りゆくイチョウ葉には、優れた防虫の効果が秘められているのですよ。
 どうぞ、和紙に包むなどしてお着物の引き出しや本棚などにお納め下さい。

香料をわしの袋に詰めて赤い帯で封をし、縫いあげた香包みにおさめましょう。心地良い香りが防虫効果をもたらします。
←「香りと室礼作品」トップへ戻る
↑このページの一番上へ