香りと室礼作品

鶴型香合の白檀練り香水

鶴型香合の白檀練り香水

 古来より、大変縁起の良いモチーフとして親しまれている鶴の文様。中国では、麒麟・鳳凰・龍などと共に神秘的で尊い霊獣としてうやまれてきました。

 今回は頭の頂が赤い“丹頂鶴”をかたどった吉祥紋香合に、気品ある白檀の練香水を詰めましょう。白檀はインドの神々にことのほか愛された聖なる植物で、心を落ち着かせる重さと身体にまとわり付くかのような甘さをそなえています。殺菌力も強く持続性の高いこの植物には、邪悪をしりぞける霊力があふれていると言われます。
←「香りと室礼作品」トップへ戻る
↑このページの一番上へ