香りと室礼作品

楊貴妃の愛した香袋

楊貴妃の愛した香袋

材料


 小さな小さな香袋には、綿にくるんだ香料をおさめます。
 心地よい香りを放つ白檀のパウダーに、ニッキといわれる桂皮の辛く甘い香りをあわせ、花山椒の粒をそのまま加えましょう。
 中国料理の材料店などで売られている花山椒には、ピリッとした独特の風味があり、香りにアクセントをもたらします。
 最後にジャ香のオイルをたらして全体を良くもみこみ、楊貴妃が亡くなるその時まで肌身につけ愛していた香袋の香りといたしましょう。

←「香りと室礼作品」トップへ戻る
↑このページの一番上へ