香りと室礼作品

菊花のポプリ

菊花のポプリ

材料


 菊の花は、大変に乾きにくいお花です。
 花びらをばらして重ならないように紙の上に広げ、温風器の前やコタツの中を利用して乾かすと良いでしょう。
 ミントやセージは軽くもんで香りをたて、丁子と八角は乳鉢であらく砕いておきます。

 すべての材料が用意できましたら順番に合わせて調合し、密閉した状態で1~2週間ほど冷暗所で熟成させ、それぞれの香りをなじませてください。
 すべての香りが混じり合いひとつに調和しましたら、お気に入りの器に盛り付け、紅葉や赤い実などを飾って菊花の咲き乱れる秋の日を演出してみましょう。

 菊は花葉ともに薫り高い植物ですので、あえて香りのオイルは加えずに仕上げてみました。
 古代中国の時代から愛されてきた、菊本来の清らかな香りを楽しむことにしましょう。

  • ※「菊花のポプリ」をスリープバックに仕立てるのも素敵でしょう。
    スリープバックとは、枕元において心地よい香りを楽しむ匂い袋のことです。
    ポプリを綿にくるんで肌触りのよい布袋におさめ、貴方の枕の下にソッとしのばせてみてください。菊花の落ち着きある芳香は、秋の夜長にふさわしい穏やかな眠りを与えてくれることでしょう・・・。
←「香りと室礼作品」トップへ戻る
↑このページの一番上へ