香りと室礼作品

桜結びの仕覆

桜結びの仕覆

 懐かしさの感じられる古布を用いて、香炉の仕覆をつくりました。女の子の着物に使われていた裂は、とても柔らかくなんとも優しい肌触りがします。桜の季節にあわせて、桜の花結びで飾りましょう。この結びは大変便利なもので、花びらの形を整え変えれば、梅・桜・桔梗の花へと変化して楽しめます。
←「香りと室礼作品」トップへ戻る
↑このページの一番上へ