香りと室礼作品

七五三の巾着型匂い袋

七五三の巾着型匂い袋

 七五三の幼子が着ていた昭和初期の古布をもちいて、子供のための巾着型匂い袋を縫いました。華やかな花々を描いたオレンジの着物、どこか懐かしさを感じさせる鹿の子絞りの裂地、ともに無駄が出ないように考えながら裁断しマチをつけて縫い上げましょう。

 鳥や兎の可愛らしい刺繍に梅型金具と真珠ビーズをつけ、キュウッと絞った紐先には括りざるをアレンジした玉飾りをとりつけて仕上げてあります。
←「香りと室礼作品」トップへ戻る
↑このページの一番上へ