香りと室礼作品

五穀豊穣の稲穂飾り

五穀豊穣の稲穂飾り

 11月23日に執り行われる「新嘗祭」は、その年に収穫された穀物に感謝を込めて神様にお供えをし、天皇自らも新穀をはじめて口にされる宮中行事です。農耕民族である日本の稲作は、縄文時代からはじまりました。お米は精霊が宿る神聖な穀物として、日本人の精神に特別な思いを持って刻み込まれていくことになります。

 今年収穫された稲穂と榊葉をもちいて「五穀豊穣の稲穂飾り」を製作しましょう。

 重たげに穂を垂れる稲を一本一本清めていくと、どこか懐かしいような稲藁の匂いにつつまれ、幼い日に父の田舎で遊んだお米の収穫の風景がよみがえってきます。

←「香りと室礼作品」トップへ戻る
↑このページの一番上へ