香袋やポプリの作り方が学べる香りの学校です。

香りの教室、香り花房(かおりはなふさ)
恋しい匂い
第四夜 「染まりゆく匂い・紫草」
 603年、聖徳太子が摂政を勤めた朝廷で「官位十二階」が定められ、階級身分を明示するため着用する冠衣の色が制定されました。
 最高位には、紫根を幾度も重ねて染めた高貴な深紫(こきむらさき)が採用され人々の羨望を浴びます。
 気品・風格・優雅・なまめかしさなど、あらゆる美の条件をそなえた“紫”は、各国で禁色とされていた歴史をもち、時代を超えて賛美され大切に扱われてきたのです。

紫根染め(紫草)

 日本・中国・朝鮮などに自生する紫草は、その根に豊かなムラサキの 色素をもち、古代より染料や漢方薬として使われてきました。
 日当たりの良い草地を好む多年草で、初夏に五弁の小さく可憐な花を 咲かせます。

『万葉集』紫にまつわる相聞歌

 恋人だった美しい額田王(ぬかたのおおきみ)を兄の天智天皇に奪われてしまった大海人皇子(おおあまのみこ)は、近江での遊猟(薬狩り)の際に彼女を見かけ思わず手を振るのでした。

「ここは御料地の紫野ですのに、あなたがそんなに袖を振られると野の番人に見られてしまいますよ・・・」「紫草のように美しい貴方が憎く思えないのです。人妻なのにこんなにも恋しいなんて・・・」

 “標野(しめの)”というのは、囲われた朝廷の占有地を指します。
 彼らのいるこの地は、貴重な茜や紫草などの薬草が自生する場所でした。
 宮廷の女性達は、自らにそうした薬草を摘み、糸を染め、紡いで着物に仕立てる、ということが大切な仕事だったのです。
 額田王という女性は、国の神事を司る巫女でもあり、不思議な魅力をもつ女性でした。
 大海人皇子の恋人だったとき、梅林での一夜で彼の子を宿すのですが、“梅の精の子をみごもりました”と言い張り、后になることを拒みます。
 その後、兄の天智天皇と結ばれることになりますが、紫草にたとえられるほどに才気あふれ、高貴な美しさに輝く女性だったのでしょう。

 さらに続く平安時代、人々の紫に対する思いは頂点に達していきます。
 「源氏物語」に登場する多くの女性の中で、紫を思い起こさせる名前がつけられたのは、光源氏にとっても特別な女性たちでした・・・。
Copyright (C) KAORI HANAFUSA All Rights Reserved.