薫香「香りと室礼教室」

 豊かな気候風土に育まれてきた繊細な日本文化。
 人々は春夏秋冬と巡りくる季節に感謝をこめて、折々にふさわしい行事を生みだしてきました。
 お正月・節分・ひな祭り、端午の節句に七夕・重陽・十五夜など、そんな節目となる楽しいひとときに
かぐわしい香りをそえましょう。
 気候の変化をいち早く感じとる花々の香り、古来からの香料を調合してつくられる薫香、ナチュラルな素材のポプリ伝統的意匠の装飾など、丁寧に手作りされた数々の作品は貴方の暮らしをより豊かにしてくれることでしょう。

 あまり知られていない『日本の香りと室礼』の歴史や文化をお伝えしています。講演・執筆・展示などのご依頼お待ちしております。お申込み・お問い合わせは、お問い合わせフォームからどうぞ。何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

『香りと室礼文化研究所』 宮沢敏子

新着情報

新着情報一覧

著書

日本の香りと室礼
― 伝えていきたい美しい文化

宮沢 敏子 (著)
八坂書房
価格: 本体1800円+税
2019年12月25日発行

春夏秋冬、古来より日本人は季節に合わせどんな香りを供え、飾り、まとってきたのでしょうか。
正倉院の香薬、源氏物語の薫香、香道の世界から、趣深い五節句の室礼まで、250点のビジュアルをまじえて紹介する四季折々の豊かで美しい日本の香りと室礼文化。

  • 第一部 仏教伝来より新たに刻まれ始めた日本の香りと、五節句を代表とする室礼文化を、五つのテーマより読み解きご紹介します。
  • 第二部 大和絵に描かれた12カ月の美しい画帖をもとに、奥ゆかしさを愛した王朝人の暮らしとその繊細な感性をお伝えします。
  • 第三部 「お香の原料」日本に根付き人々を魅了した香料とはどのようなものだったのでしょうか。香木・練香・沈香に動物性香料まで、東洋の薫香の世界を紹介します。


日本の香り物語
― 心に寄り添う香りのレシピ

渡辺 敏子 (著)
八坂書房
価格: 本体1500円+税

香りにまつわる人と人との物語を綴り、日本の香りの歴史をやさしく語る。
物語にちなむ香りのレシピ25点を収録。

香り初心者の方にも楽しく読める内容となっています。
学校では教えていない、素敵な香りの物語をぜひお楽しみ下さい。

フレグランスジャーナル社発行
季刊誌「AROMA RESEARCH/アロマリサーチ」の紹介文。

書籍はこちらからご購入いただけます。